2019年の目標

2019年1月15日

どうも、Liasです。
遅くなりましたが明けましておめでとうございます。
ちなみに、年末は夜勤をやっていて職場で年越しをしました。(思ったより忙しかった)

今回の記事では今年一年の目標を書きたいと思います。
見ても面白くないと思いますが、見て頂ける方は少々お付き合い頂けると幸いです。

プログラミング

まずはプログラミングの面での目標を書いていきたいと思います。

この雑記を書き始めたときから書いていますが一応プログラミングを趣味でやっています。(趣味の範囲なのでちょっとしたものしか作れません)

2019年ではこの趣味のプログラミングをより実用的なものにするべく、なにか作りたいものを決めてから設計やテストなど、一般的に企業で開発するような流れを一人ですべてやってみたいと思っています。

私は開発会社での開発経験がないので手探りになってしまいますが、Google先生を頼りながら6月頃(約半年後)までにはほぼ完成にまで近づけたいと思っています。
後ほど、作りたいものが決まったら記事にしたいと思います。

言語的には、多少経験のある Java, Golang, Pythonのどれかを使用して作って行きたいと考えてます。
※Scalaをやるとか言ってたけど言語仕様が難しかったのでまずはJavaを極めよう!と今は考えてます。

語学

実は私、日本語しか話せません。
しかも学校での英語の授業も全然理解できなかったので日本語以外の言語はすごく苦手です。

なので、2019年は英語で日常会話が出来るレベルには英語力をつけたいです。
日本語を介す英語ではなく英語で理解し英語で話すちゃんとした英語力を身に着けたいと思っています。

ある程度勉強方法は決めたのでついでに紹介したいと思います。

今回行う勉強法としまして、「脳科学に則った英語の勉強法」です。
インターネットで脳科学についての情報は数々ありますが、その中でも各記事の共通点を取り出して、なるほどなと理解できたものを採用しました。
以下に簡単にその方法となぜそれをやるかを書くのでよければ参考にしてみてください。(効果があるかは現在自分で実験中なので保証はありません)

  1. 最低2ヶ月間ネイティブの英語を聞き、シャドウイングをする
  2. ネイティブに慣れてきたら、聞き取った内容を紙に書き出してみる(5秒くらいを3回聞いてから書き出す)
  3. 日本語にない発音をしっかりと理解する(発音記号を大切にする)
  4. テキストを見ながら聞いては行けない(テキストを見ないと聞き取れない体になる)

上記のような計画でやっていきたいと考えてます。
①は、日本語と英語で脳の使われる部分が違う為、英語脳の神経回路を作成するために行います。シャドウイングをすることが特に重要です。

②は、瞬間記憶を鍛えます。私もですが、英語を聞いても同じことを再度話すのってすごく難しいです(3秒でも難しい)
その機能を鍛えます。英語脳がなければ出来ないので練習になると思われます。

③は、書いてあるとおりです。①の段階で意識するといいかもしれません。

④も、書いてあるとおりです。人間はやったそのとおりに神経回路が出来上がるみたいなので注意が必要ですね。

この辺までやった後は後はボキャブラリを増やすだけですね。
先程も書きましたが、自分でこのやり方を実験中なので、本当に効果があるか全くわかりません!!!!!

転職

はい、転職したいです。今は運用保守なので開発系に行きたいです。
現在絶賛転職活動中ですが、5月頃までは転職が出来ないのでそれまでに技術をつけたいと思ってます。
プログラミングのところにも少し関係してきますね。

まとめ

2019年の目標はこんな感じです。
私がこの目標の中で一番むずかしいと思われるのはやっぱり「語学」かなと思います。

今まで留学経験や海外旅行の経験もないのでNetflixでドラマを探したり、勉強用のCDでしか本場の音を聞けないからです。(ないより増し)

ですが、ITの世界では英語は必須になりつつあるので絶対に身に着けたいと思います。

最後に

皆さんも年始めなので、何かしら簡単なものでいいので目標はを決めて一緒に頑張ってみませんか?
IT業界にいる方で私のように語学が苦手な方なら外国語、IT業界で働いてみたい人ならITパスポートやLinucなどの資格勉強 等、新しいことを初めて一年を楽しく過ごしましょう!!

誰得にもならない記事でしたが、最後まで見ていただきありがとうございました。

それではまた次の記事でお会いしましょう。